中小零細企業の相次ぐ倒産…
金融機関の相次ぐ貸し渋り・貸し剥がし…

100年に1度の経済危機の中、
あなたの会社の”資金繰り”は大丈夫ですか?

倒産企業が相次いでいる現状・・・

今まで当たり前のように出ていた融資が突然ストップし、金融機関の「貸し渋り」や「貸し剥がし」の横行で、企業の倒産が多数発生しています。

「倒産した企業」と「生きのびている企業」、この違いはどこにあるのでしょうか。

「倒産した企業」と「生きのびている企業」の違いとは、しっかりとした資金繰りができるかできないかにあります。

資金繰りを良くするのも悪くするのも、現在の日本の中小零細企業においては、銀行・公的機関などから融資を受けられるか受けられないかにかかっています。

明快!簡単!銀行が融資したがる交渉術

そこで、今回紹介するこの『銀行が融資したがる交渉術』の最大の特徴は、以下の点です。


正しい勘定科目の付け方!!


交渉力のアップ!!


銀行との正し付き合い方!!


明快!簡単!銀行が融資したがる交渉術

しかし、経営危機のこの状況でこのマニュアルを買って本当に効果あるのか?融資してもらうまでの時間がないけれど大丈夫なのか?私も正直心配でした。

でも、元銀行マン職業会計士が自身の経験から書いたという事でこのマニュアル代も会社の費用に計上できるので試しに購入してみました。

私はこのマニュアルに沿って、以前では考えられない融資を獲得し、この難局を乗り切ることが出来ました

このマニュアルに沿っただけなんですが銀行の担当者の対応が全然変わってきたんですよね。
本当に不思議な感覚でした。でも、融資を得られたので本当に助かりました。

もし資金が足りなくて悩んでいる、そんな経営者の方がいましたらこのマニュアルが助けになる事が出来れば幸いです。